平成26年 春季講演会及び懇親会実施報告

2014年4月5日(土)、本年最初の行事として春季講演会を開催いたしました。今回は、早稲田大学国際会議場に於いて、台湾駐在の日本人起業家として大きな成功を収めた萩谷博氏を講師としてお招きし、台湾からの留学生など学生30名を含み80名の参加を得て行われました。

会社を興し、厳しい企業競争の中から商品を開発し、ブランドを創設してグローバルな会社へと事業を拡大していった萩谷氏の半生のお話は、聴衆を魅了し、1時間半の講演予定を大幅に超えたにも関わらず、時間は瞬く間に経過していきました。参加された方々には、終了予定時刻の関係で質問時間をあまり取れなかったことをお詫びいたします。

講演内容の詳細は、萩谷氏の講演原稿を氏の了解のもと添付資料として掲載いたしました。是非、御一読下さい。

 (添付資料をご覧になる場合は、こちらをクリックしてください⇒ 「添付資料」 )

また、日台稲門会HP(http://nittai-toumonkai.com/)から問合せをクリックいただければ、講演内容の質問等をお受けいたします。

 

講演会終了後行われた懇親会は、萩谷氏にも参加いただき、会員・会友、学生との楽しい交流の夕べとなりました。

高橋幹事長の開宴挨拶、御来賓の財団法人交流協会の長田総務部副長、早稲田大学の岡本渉外局長による挨拶に続き萩谷氏の乾杯のご発声により始まった懇親会は、すぐに世代を超えた歓談の輪が幾つもできて大いに盛り上がりました。初めて参加された方々からは、「日台関係を大切に考えている方が大勢いるということを改めて実感した」といった声も聞かれました。

恒例になった雄弁会出身の山崎幹事音頭による校歌斉唱の後、三村副幹事長が中締めを行いましたが、その後も暫く歓談は続き、夜桜見物に繰り出す学生さんも見られました。

                                                                                               (担当幹事 萩原記)

 



講演会原稿